調剤薬局がお届けする 鼻炎の手術についての解説ページ

鼻炎の手術について

アレルギー性鼻炎手術としては、鼻の中にある下鼻甲介という部分の粘膜が反応して鼻炎を起こしているので、この表面の細胞を焼灼もしくは破壊する、あるいはこれを切除することが原則で『アレルギー性鼻炎を起こす細胞を焼灼もしくは破壊』することです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

●凍結手術
利点は、入院不要で出血は比較的少ないところです。再発時反復手術が可能です。欠点は、装置がやや高価(なので、おいていない所が多いです)鼻甲介(ここがアレルギー反応を起こして鼻詰まりなどの原因になる)でも特に後端の操作が困難といわれています。手術後高度な鼻粘膜腫脹(はれが一時的にひどくなります)

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

●化学焼灼術
トリクロロ酢酸を用いて外来で下鼻甲介中心に塗布します。表面のアレルギー性鼻炎を起こす細胞を焼灼することです。長所は操作が簡便で(塗るだけなので)コストも安いです。入院不要で再発時反復手術が可能です。欠点は、塗布濃度が不均一になりやすく、鼻中隔との癒着が起こる場合もあります。一時的にやや疼痛を伴います。

 

●下甲介粘膜切除術
表面麻酔を鼻の中の粘膜にして、その肥厚した粘膜を下甲介剪刃(はさみ)で切り取る手術です。長所は切除範囲が自由に求められます。またアレルギー性鼻炎だけでなく下鼻甲介の厚いために鼻詰まりが起こっている人には一番効果があります。ただ、手術時間は短いのですが入院が必要になります。

 

薬局