調剤薬局がお届けする 鼻炎薬が効かない場合についての解説ページ

鼻炎薬が効かない場合について

アレルギー性鼻炎の高周波治療の正式名称は“鼻炎高周波電気治療”とか、“高周波粘膜凝固治療”とか呼ばれており、アレルギー症状を引き起こす鼻の中の粘膜を凝固させる手術です。

 

アレルゲンに反応するのは鼻の中にある粘膜細胞なので、高周波を照射してこの粘膜を焼き固めて粘膜細胞の数を減らすというのが、手術の目的です。この高周波治療は70〜80%以上の効果があると言われていますが、効果や効能がどのくらい続くかには個人差があり、1回の治療で完全に完治してしまうという人も稀にいるようです。だいたいこの手術による効果は2年くらいだと言われています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

高周波治療はレーザー治療とは方法が違いますが、レーザー治療と仲間の治療方法です。粘膜の表面をレーザーで焼くか高周波で焼くかの違いで、原理的にはよく似た治療です。レーザー治療は粘膜の表面を焼灼することによりアレルギー反応を抑制します。レーザー治療の長所は簡便な表面麻酔で実施できるという点です。欠点は表面しか焼灼しない為に、鼻閉の効果が不十分な場合があります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、効果に個人差はありますが、2〜3年間は持続します。しかし永続的なものではないため、手術を繰り返す必要があります。高周波治療は、粘膜表面だけでなく粘膜下まで凝固する為に、鼻閉の改善の効果に期待ができます。欠点は、創傷の治癒に少し時間がかかることと、効果はレーザーと同様に2〜3年の方が多いようです。

 

薬剤師 就職