調剤薬局がお届けする 中耳炎と治療薬についての解説ページ

中耳炎の治療薬について

中耳炎の治療に使われる薬は、主に抗生物質と解熱鎮痛薬が中心になります。

 

『抗生物質』
抗生物質には細菌を殺し繁殖を抑える働きがあります。急性の原因は、細菌による感染がほとんどなので、治療に効果的な薬といえるでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

『解熱鎮痛際』
急性中耳炎では発熱を伴うことがあるので、そのような場合には解熱剤が服用されます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

中耳炎は子供に多いと言われている感染症です。病原菌としては、肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリス、黄色ブドウ球菌などの細菌があげられます。したがって、これらの細菌に有効な抗生物質で治療します。飲み薬のほか点耳薬もあります。しかし、最近、抗生物質の効きにくい細菌が増えており、抗生物質を使っても中耳炎がなかなか治らないことがあります。ある調査によると、肺炎球菌の7割、インフルエンザ菌の4割が抵抗力を持っていたという報告があります。抗生物質の効きにくい耐性菌に対しては、大量の抗生物質を使わざるをおえません。場合によっては、注射による強力な治療もおこなわれます。しかし、このような耐性菌を増やさないため、欧米では抗生物質の安易な使用は慎むべきとされています。軽い中耳炎であれば自然治癒することも多く、必ずしも抗生物質が必要なわけではありません。単なる予防目的の使用は控えるべきでしょう。

 

薬剤師 募集