調剤薬局がお届けするアレルギー性鼻炎の薬についての解説ページ

アレルギー性鼻炎薬について

アレルギー性鼻炎の治療薬として、現実には完全にアレルギー性鼻炎を解決するものはないのが現状です。しかし、薬を使用することで、鼻炎の症状を和らげることは出来ますので、適切な薬を選ぶことを心がけましょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

●抗ヒスタミン剤(内服薬)(レスタミン、タベジール、ポララミン、ペリアクチン、アリメジン、アタラックスP、ピレチア、セレスタミンなど)即効性はありますが、効果はあまり強ないのが特徴です。鼻水やくしゃみには効果があり、鎮静作用があるので、眠気を催すことがあります。

 

●抗アレルギー剤(内服薬)(ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ニポラジン、ジルテック、トリルダン、リザベン、アレギサール、アイピーディなど)予防薬になるので効果が出るまで2〜4週かかります。抗ヒスタミン作用のあるものは、やや早く効き目があるが、眠気を伴うことも多い。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

●抗アレルギー剤(点鼻薬)(ザジテン、リボスチン、インタール、など)鼻粘膜に直接作用するので、飲み薬よりは即効性が期待できます。眠気は、飲み薬に比べて少なくとても比較的利用がしやすい。

 

●局所ステロイド剤(点鼻薬)(アルデシン、リノコート、ベコナーゼ、など)やや即効性でだいたい1〜2日で効果が現れる。効果は比較的強く、鼻水やくしゃみ、鼻閉にも有効です。

 

●局所血管収縮剤剤(点鼻薬)(プリビナ、ナーベルなど) 即効性で、鼻粘膜のむくみをとって、鼻づまりの症状を改善します。

 

薬剤師国家試験