調剤薬局がお届けする 抗生物質について

抗生物質について

軽度から中程度の病状の場合は、抗生物質投与を数ヶ月程続けることで治癒すると言われています。

 

多くは、マクロライド系抗生物質というものが適用され、クラリスロマイシンやエリスロマイシンなどが主に処方されます。

 

殺菌剤なので、鼻腔内に溜まった膿の細菌を消毒し、回復を促します。

 

アルコールを使用した殺菌消毒液は、細菌にも効果を発揮するのですが、 人体にも多少の悪影響があるとされていますが、抗生物質は、人体に悪影響のある細菌類にだけ殺菌作用を示し、人の体には害が無いので、抗生物質の投与は、医師の指導に従った服用方法であれば、安心して続けられるものであると言えます。

 

抗生物質は、蓄膿症治療以外にも、風邪などの一般的病気にも頻繁に用いられるので、抵抗なく服用できる人が多いでしょう。

 

特に、マクロライド系の抗生物質は、肺炎や胃潰瘍の治療にも用いられるので、高い殺菌効果が期待できると言えます。

 

このように、非常に良い薬が普及したことによっても、蓄膿症の治療がスムーズに進められるようになったと言えるでしょう。

ケラロイド系の抗生物質も蓄膿症の薬として使用されることがありますが、 こちらは服用後に意識が無くなるといった副作用が報告されています。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸