調剤薬局がお届けするアレルギー性鼻炎についての解説ページ

アレルギー性鼻炎について

花粉症などアレルギー性鼻炎の治療法には、薬物療法やレーザー照射などがありますが、いずれの治療方法も対症療法という発作を抑えるだけの治療なので、根本的に完治するとはいえないのが現状です。根本的に完治できる可能性のある治療方法としては、現在のところ、免疫反応を抑える減感作療法だけといえます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

この減感作療法とは、体質を改善して発作を起こさせなくする方法です。この方法は、まず、アレルギーの原因となる「抗原」と呼ばれるものを特定する必要があり、その特定された抗原のエキスを、1週間に1〜2回のペースで、薄い濃度のものから次第に濃度を上げながら、注射するという方法です。濃度が維持量まで達すると、注射の間隔を延ばしながら、体質を改善していくというものです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

医療保険で使える抗原のエキスは、スギ花粉、ハウスダスト、アカマツ花粉、ブタクサ花粉、ホウレン草花粉、そば粉、絹、カビがあります。

 

この治療法には問題点もあります。第1に、アレルギーの原因となる物質を注射するため、体調などによって、喘息発作や蕁麻疹などの症状、まれにアナフィラキシーショックといわれる強いアレルギー反応が出てしまうことがあります。第2に、治療期間が長いため、定期的な通院が必要となり、決められた日には必ず注射を受けなくてはならなくなります。

 

薬剤師 転職